世界最強の株式シストレ・モデルが出力する銘柄ランキング、そのうちの上位2つを事前公開。そしてその運用結果を検証する日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRYΦによる運用シミュレーション


◆ DRYΦneo(ドライ・ファイ・ネオ)は日々ランキング形式で翌日に売買すべき銘柄を出力します。 出力する銘柄数は日によって異なります。 ゼロのときもあれば数10銘柄を出力するときもあります。

◆ 上図はDRYΦneo(ドライ・ファイ・ネオ)が指示した銘柄ランキングのうち、上位2つの銘柄にそれぞれ100万円を投入---ランキング出力銘柄数が1つのときは1銘柄に100万円だけ投入---したと仮定してシミュレーションした累積損益です。 手数料は1銘柄について片道1050円(往復2100円)の一律としています。 配当金は加味していません。

◆ 各銘柄の売買単位は2010年7月23日を基準に、過去に遡って適用しています。 株式分割にともなう株価の修正についても2010年7月23日の終値を基準に、過去に遡っておこなっています。

◆ 出力No1銘柄と同No2銘柄の損益ラインをくらべると大きな差があります。 これは日によってDRYΦneo(ドライ・ファイ・ネオ)の出力銘柄数が日によって異なるために生じる結果であって、ランキング性能にもとづくものではありません。 ちなみに銘柄ランキングのNo1銘柄もNo2銘柄も、図表示期間内の平均正答率(騰落正答率)は70%強です(各月ごとに成績をまとめていきます)。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2000/06/26 00:44】 | システムトレード・モデル について
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。