世界最強の株式シストレ・モデルが出力する銘柄ランキング、そのうちの上位2つを事前公開。そしてその運用結果を検証する日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「自分年金のための株式運用」は、ローリスク志向の運用スタイルを採用しています。ですから損益の振れは小さく、安定した運用成績を維持しています。ただし運用チャンスがすくなく、したがって損益の絶対額も小さいのが難点といえば難点でしょうか。ドローダウンは運用60日を越えても10万円強という水準です(下左図)。
 
 いっぽうこの「自分年金のための株式運用」の姉妹編である「爆走システムトレード」はハイリスク・ハイリターンの運用スタイルを採用しています。そしてその結果は・・・運用期間15日目にして25万円(実現損益+評価損益)を達成しながらも、その後損失を繰り返し発生して運用30日目でマイナス20万円(同)となってしまいました。ドローダウンは約50万円です(下右図)。

(注) ドローダウン:  累積損益は増えたり減ったりしながら、つまり山と谷を交互に描きながら右肩あがりのトレンドを形成していきます(右肩下がりのトレンドになることもありますけどね)。その累積損益の連続する山と谷の高低差の額をドローダウンといいます。>


    下2つの図における縦軸や横軸のスケールは同一でありませんので、ご注意ください!2つの損益グラフ



 「自分年金のための株式運用」も「爆走システムトレード」も同じ銘柄選別要素を使っていますので、モデルにおける本質的な差異があるわけではありません。 各ランキングにおける銘柄の騰落正答率は、どちらも70%強です。 せいぜい違っていることと言えば、複数ある銘柄選別要素の閾値(しきいち)ユニバース、そして「自分年金のための株式運用」ではロング・ポジションしか取らないのに対し「爆走システムトレード」ではショート・ポジションも取る-----ということぐらいでしょうか。

 実は「自分年金のための株式運用」の運用と「爆走システムトレード」の運用とで決定的に違うのは、売買回数です。 おなじ騰落正当確率を持つ運用モデルなら売買回数のすくないほうがドローダウンは小さくてすむ-----という好例が「自分年金のための株式運用」と「爆走システムトレード」だと言えます。
 
------- 余談ですが、騰落正答率というのはそれを集計算出する期間によって何とでもなります。 ですから騰落正答率の高さを謳うシストレ・モデルを見るときは、それが『どんな相場状態のときのどれくらいの期間をもって算出されたのか』良くチェックしないといけませんし、それをしたとしても重視しすぎるのは考えものです。-------

 「自分年金のための株式運用」の損益ボラティリティは小さくドローダウンも小さい、いっぽう「爆走システムトレード」の損益ボラティリティは大きくドローダウンも大きい---という傾向が今後も間違いなくつづきます。

 けれど「爆走システムトレード」の累積損益は「自分年金のための株式運用」の累積損益をいずれ上回ることも間違いないところです。 なぜなら売買回数が「爆走システムトレード」の方がずっと多いからです。 両者とも基本モデル(銘柄選択のための要素計算モデル)は同じなのですが、運用姿勢を変えるとかくも大きな差が出るのかということを、私のブログを通して是非ともシストレをめざす方々には知っていただきたいと思います。
  シストレをするのなら、運用姿勢:ローリスク・ローリターンをめざすのかハイリスク・ハイリターンをめざすのか、はっきりさせてからにしよう

 売買回数がすくないほうが、損益の振れは小さくてすむというのは直感的にも納得できるところでしょう。ですから『自分年金』のようにできるだけドローダウン(注)を抑えた運用を必要とするのなら、ここぞというときにだけポジションを取るという戦術を取らざるを得なくなるというのが私の経験です。
 
 「このシストレなら10年後には1億円の損益も夢ではない」と夢見ても、そのモデルのドローダウンが1億円というのでは現実味がありません。 シストレをするのなら、想定ドローダウンの10倍(=手持ち資金の10%分の損失を見込む)、まかり間違っても想定ドローダウンの5倍(=手持ち資金の20%分の損失を見込む)の手持ち資金を握りしめてスタートしないといけません。 そうでないと、あなたはほぼ確実に損失-----そこには実現損益だけでなく日々の残玉の評価損益も含みます-----の大きさに押しつぶされてしまいます。

 皆さんのご健闘を祈ります!!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2010/11/03 15:01】 | シストレに関するアドバイス
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。