世界最強の株式シストレ・モデルが出力する銘柄ランキング、そのうちの上位2つを事前公開。そしてその運用結果を検証する日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 雑感その1を書いていたら、いつの間にか場が引けていました。 買い物に出かけたらスーパーの商品はほとんど売り切れ、ガソリンも売り切れの看板ばかり。 ヤマト便もコンビニでの受付ストップ。 こりゃ大変だ。

 私は本日、東京本宅ではなく千葉の別荘にいます。 別荘から会社に出勤しようとしたところ、東電の計画停電の影響でJRが終日運転休止だったからです。 昨晩の計画停電発表も夜中11時ずぎのことで驚きましたが、朝5時のニュースでJRが運転休止というテロップにも驚かされました。 まさか公共交通機関も対象になるなんて。

 念のためいつもの駅に行ってみると改札口にシャッターが降りていてこれまたびっくり、この駅にもシャッターがあったんだ。 あきらめて別荘へ帰る途中、はーはーぜーぜーと息を切らしながら駆けているおじさんとすれ違い。 「運転休止だよ」って教えてあげたら、はーはーぜーぜーと「えええ」とが交じり合った声のなかにも、安堵の顔がうかがえました。 朝から良いことをしたな。

 
 株式相場は朝から大幅な売りでした。 経験上、売り買いどちらかに相場が大きく傾くような大事件が発生したときは相場に向かっていったん逆張りすば、その後のリバウンド相場ですこしは稼げるんですが、今回はどうなるんでしょうね。

 東芝(6502)や日立(6501)、日本製鋼(5631)といった原子炉関係の銘柄が軒並みストップ安です。 逆に日本風力開発(2766)はストップ高。 不思議なのは日本風力開発がストップ高になったのは13時ごろのようで、前場は前日比マイナスだったんですね。 材料が相場で評価され投資家に浸透するには少々時間がかかるんでしょうか


 現在もまだ東北地方の被害がどのくらいの規模になるのか全体像がつかめていません。 津波で消滅してしまった自治体もあるとのことで、世界でもトップ5に入る巨大地震であっただけに今後の経済には阪神淡路大震災のとき以上に長くきびしいマイナスの効果をもたらすと考えるべきでしょう。ということは、もし相場にリバウンドがあれば、そこは戻り売りのタイミングだと思います。
 
 それにしても原子力と半導体に事業を集中させた東芝の行方は案じられます。 事業の「集中と選択」とは換言すればハイリスク・ハイリターン経営ということだということが如実に示されましたね。 証券アナリストは何かといえば「選択と集中」と叫びたがるのですが、こうした事態に直面した現在、彼らの考えをあらためて聞きたいものです
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ひとやすみ - ジャンル:株式・投資・マネー

【2011/03/14 17:33】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。