世界最強の株式シストレ・モデルが出力する銘柄ランキング、そのうちの上位2つを事前公開。そしてその運用結果を検証する日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回の大地震でGDPが落ち込むのは不可避ですが、まだ被害の全容が明らかになっていない状況ではエコノミストの諸氏も鉛筆のなめようがありません。 

 被害の大きかった地域が水産業に深くかかわる地域なだけに、魚価の上昇は不可避です。 また原発事故で電力供給量が大幅に減少しているので産業界への影響は甚大。 復興にともなう資材の高騰も必至、食料品の値上がりも間違いないでしょう。 交通網が寸断されてしまった上に、すでに関東地域でさえガソリン供給も滞り始めているので国内物流量もダウンです。 生鮮食品の配送・供給もたいへんです。 

 こうした状況が元に戻るには相当時間が必要でしょう。 それは意図せざるインフレの始まり、けれど日銀は金利の上げをしづらい場面です。 とはいえ日銀は資金供給量を増やさざるを得ません。 はっきりいって日銀は打つ手なし-----といっても良いでしょう。 欧州はじめ新興国も金利を上げる方向にありますから、またまた円キャリートレードが復活することになるのかも・・・。

 本日は(3/14)日本企業が資金を国内へ還流させるのではという思惑から一時為替は円高に振れたそうです。けれど今の日本の惨状を冷静に見つめれば、円安となっているのが本当でしょう。 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ひとやすみ - ジャンル:株式・投資・マネー

【2011/03/14 23:29】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。