世界最強の株式シストレ・モデルが出力する銘柄ランキング、そのうちの上位2つを事前公開。そしてその運用結果を検証する日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 証券会社の債券部に勤める知人から聞いた話・・・証券業協会から”個人向け国債の目論見書に記載するリスク文言を変更するので各社とも極力それにあわせてください”というお知らせが先週末にあったそうです。

 要は ”国債はリスク・フリーと考えられるので、利払いがおこなわれないことや元本が戻ってこないなどのことは極めて考えにくい。 したがって、それまでのリスク説明で記述していた『国債といえども利払いが実施されなかったり元本が戻ってこなかったりするリスクがある』という部分を削除しましょう。”-----ということ。 「金融庁も了解済み」とわざわざ記してあったそうです。


 今回の震災復興のために国債の増発は不可避、しかも東電の原発事故で国の負担はさらに増加するでしょうから、国債をいかに円滑に発行していくか財務省としては苦しい立場におかれています。 ただでさえ日本の国債発行残高は多いのにこの先だれに買わせればいいんだ?! ってな感じ。

 おお忘れていた、それだけじゃない!!  国債の大量償還もつぎつぎとやってくるじゃん!! まずいじゃん。 償還資金が投信へ流れてしまったら大変だぜ! そうだ、ここは投信のリスク文言は厳しいままにして、いっぽう国債のリスクはあまく見ておくことにしよう!  ・・・・・ ということでなければいいんだけど。 

 でも、このリスク説明の削除は投資家保護といえるのかなあ。 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2011/03/30 00:39】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。