世界最強の株式シストレ・モデルが出力する銘柄ランキング、そのうちの上位2つを事前公開。そしてその運用結果を検証する日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇ シュワルツ先生への質問は、もっぱら山田先生。おもに日米貿易摩擦を解消する処方箋は何か、何が考えられるのか---というのがシュワルツ先生への質問です。 シュワルツ先生のマネタリズムの考え方をじゅうぶん理解しうる力が私にはなかったのですが、どうも為替レートのコントロールが日米貿易摩擦の唯一の解決手段であるというようなお話ぶりです。 為替だけで解決できる問題ではなかろうという印象をもっていた私は山田先生に聞きました。「シュワーツ先生は、為替レートの調節以外に方法はないとおっしゃっているように聞こえるんですけど?」。 すると山田先生も「・・・どうもそのようだねえ」と、少々納得しかねるという顔をされました。

◇ ともあれシュワルツ先生がそうお考えなら次の質問はこれ以外にありません-----日米貿易摩擦を解決する為替水準ってどのくらいか? シュワルツ先生は、最初とまどったような顔をされました。 いろいろ説明はして下さるのですが、なかなか具体的な為替水準が出てきません。 山田先生が「110円くらいですか」と水を向けると、シュワルツ先生は「悪くはない水準だと思う」とおっしゃったので、逆にわれわれが面食らいました。 「100円から105円というのは妥当なところでしょう。 私は為替の専門家ではないのでよく分からないけれど、一時的には100円を超えることがあっても驚くことではないでしょう」とおっしゃいました。 「日本企業には力があります。心配することはありません」とも。 その頃の円ドルレートは150円を突破して140円台に入ったところでした。

◇ 山田先生が「シュワーツ先生は『FRBの影のアドバイザー』と呼ばれていますが、ボルカー議長にもそうアドバイスされたのですか」と質問したところ、シュワーツ先生はこうお話されました。 「彼(ボルカー議長)とは友だちです。だからいつもそうした議論はしています。それをアドバイスというかどうか。 私の考えについて彼がどう思っているかはわかりません」。

◇ 約束の時間が1時間であったのでシュワルツ先生に聞きそびれたこともたくさんあります。 しかしプラザ合意の頃(1ドル220円台の頃)から為替レート1ドル100円という水準がすくなくともシュワルツ先生の頭にはあったようであることには驚かされました。 シュワルツ先生との面談後、Prof.Yamadaにシュワルツ先生の面談内容を話したころ「ええ~、100円? 日本はこまっちゃうねえ~」。

◇ 後日談-----シュワルツ先生がお話くださった内容を、勤務先(証券会社)の全店放送ミーティングで伝えました。 けれどミーティングのあと営業部隊から苦情がきました、「円高の話をしたら株は売れんだろう!!」。 結局シュワルツ先生の件は、会社の月報コラムにちょっとだけ書いておしまいになりました。 シュワルツ先生にインタビューを申し込んだ日本人は学者を除けば誰もいないということだったので、新聞に投稿などしていたらスクープになったかも・・・残念。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2010/09/22 08:30】 | 円高とアンナ・シュワルツ先生
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。